閉店後の誘惑の断り方

投稿者: | 170502

プロホステスともなれば、誘惑を断るのも一つの技術のうちです。のらり、くらりと気を
持たせることが大切です。

“一ツキ、ニマイ、三ハハ、四ジャリ”
とこれは断り文句の四ヶ条であります。もう通用しないといわれるかも知れませんが、基
本として覚えておいて下さい。
客の誘いは普通の女性に言うのと違って単刀直入です。
「音楽会、一緒に行っていただけませんか」といってくるのではない。
「どう、今夜つきあわない」とか「ちょっと浮気しようや」である。
これに対して
「一ツキ」とは
すなわち、アンネちゃんで、いまアレなのよ、ツイてないわね

「ニマイ」は妹で
“いま妹が田舎から”という手です

「三ハハ」は母で
“いま母が田舎から”という手です

「四ジャリ」は子供で
“息子が娘が病気で私の帰りを待ってるの、許して”

以上の口実が出てきたら、大抵のお客様は引き下がってくれます。しかし貴女もプロホス
テスである以上、お客様のメンツを丸つぶしには出来ないので、するりと身体をかわしな
がら、
「とっても趣味のいいネクタイね、奥様のお見立て」
などとしらけた話題に持って行くのも方法です。

イエスと返事をしてスッポカスのはこれはプロのホステスがとる態度ではありません。客
の自尊心をキズつけることは出来ないから、仮に再びその店をおとずれても二度と
貴女を指名して下さらないでしょう。
でももし指名して下さった場合は「おこっているんでしょう」という方法もあるます。
「本当に行く気で仕度していたの、でもやめたの…。あの晩行ったら本気であなたのこと
を好きになってしまうのがわかったから、そしたら私苦しまなければならないし、だから
やめたの…。人生って切ないものね…」
とお客様に言うのも一つの手ですが、何回も使うと“ウソつき女”というレッテルをはら
れてしまいます。ほどほどに。

他の断り方として
食事―だけでもと誘われた場合
・「ありがとう、でも、これからお食事できるお店って安くないし私そんなにおなかすいて
るわけでもないから、それだけの予算とっておいて、またいらしていただいた方がうれ
しいワ」
・「母が待っているので、遅くなると困るの、昼間、お店に出る前なら喜んで、おつきあいさせてもらうワ」

相手が「断られたわけではない」と思う断り方のコツ。
基本は自分以外の、他からの、のっぴきならぬ事情を理由にすること。
たとえば、友人、知人、家族を利用する方法
・「今夜、お店の〇〇ちゃんの誕生日で、ここの△子ちゃん×子ちゃんと〇〇へ集まる約束をしているの、ごめんなさい」
・「〇〇ちゃんのお客様と前々から約束していたの。大阪の人で月に一回くらいしか出てこないから、断ると〇〇ちゃんも行かないからその人に悪くって」
・「家は母がものすごくうるさいの、いつもより10分でも遅くなると大変なの。帰るまでは絶対に起きて待っているの、ゴメンナサイ」
・「〇〇でやはりお店に出てる姉と待ち合わせて、彼女の車で一緒に帰ることになっているの。要するに私って監視つきってわけ、ゴメンナサイ」

閉店後のつきあいは失敗のもと、何の得にもならないものです。

断る場合は必ず最初に誠意をこめて
「おつきあいして見たいわ、でもごめんなさい、じつは…」
そして最後に
「今度、機会を作って私の方からお誘いするわ」
と言うことを忘れてはいけません。
しかしそれでもなお、追い詰められたら、男性のお店通いも限度がありますから、その潮
時とみたら、その時は
・「おばあちゃんに子供を見てもらっているから、10分でも早く帰らなければならないの」
・「子供が託児所で待ってるの」
という切り札を出すしかありません。

要は相手の経済力の背景をさぐりながら、ぎりぎり一枚まで引き伸ばし、それに代わる客
を二人、三人と増やしておく努力をするのが、このビジネスの割り切り方でしょう。
これでこそ一人前のプロといえるのではないでしょうか。

男性は“したごころ”があって遊びに来るのです。当然モーションをかけてきます。それ
も遊びが下手な男ほど性急に要求してくるものです。断るのは簡単ですが、以上のような
ことは最後の手段にしなければなりません。貴女は即、次回からの指名はないと思わねば
なりません。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です