はじめに

 

ここでご紹介するのは今から40年ほど前に、当時のキャバレーのホステスさん向けに書かれたサービスマニュアルです。

キャバレーというのは今のキャバクラとは違い、生バンドが入ったりダンスフロアを備えたりした社交的な要素に重点を置いたお店で、そこで働くホステスさんそしてお客様も比較的年齢層が高かったようです。

また、このマニュアルを使っていたのは銀座や北新地のいわゆる高級店ではなく、ある地方都市を中心に店舗展開するどちらかといえば大衆的な店でした。

当時全国的にチェーン展開していたファミリーレストランやファストフード店ではすでにマニュアルを活用して成功していましたが、このような水商売のお店にまでマニュアルが導入されていたことは驚きでした。

そして、そこに書かれている内容は現在でも十分に通用するものです。

もちろん携帯電話やインターネットなどが普及していないころのことですから、お客様とのコミュニケーションの取り方などは変わってきています。

また、お客様との会話における言葉づかいはいささか陳腐に感じられるものが見られます。

しかし、心構えや接客術などは水商売に限らず、接客に携わる女性全般にとって参考になるかと思います。

さらに、そういった場所で遊ぶのが好きな男性諸氏にもご一読いただければ、なにかのお役に立てることがあるでしょう。