色彩が与えるイメージと性格

投稿者: | 170513

男性の最も発達している五感は“視覚”です。男性から良い印象を受ける色彩のドレスを

身につけましょう。

 

白:潔白、純真、明決

少女趣味で子供っぽく、ロマンチストで純情。白の好きな人は小さい時からあまり苦労はしていないといわれています。

 

黒:絶望、悲哀、静寂

黒の好きな人は苦労してきた人に多いようです。白と黒の好きな人は二重人格ともいいます。ものすごく活発かと思ったら急に寂しくなり、いま笑ったかと思えばすぐに泣いたり、感情の起伏が激しい。また、人を信用しにくく、石橋をたたいて渡るタイプ、冷たい人、黒は社交場ではあまり歓迎されない色です。

 

赤:情熱、愛情、革命

この色を好む人は現状にすごく満足している人か、欲求不満の人に多いようです。性格は思ったら、まっすぐにつき進むタイプで、行動力に富み、好き嫌いがはっきりしているそうです。また、天真爛漫、明るい楽天家であるとともに何事によらずカーッとなりがちの情熱家です。

 

青:沈着、深慮、消極

大変に消極的でひっこみ思案、何かにつけて行動力に欠けているそうです。また、どちらかというと性格的にルーズなところがあり、次から次へと男を変えて安定せず、しまいには悲劇の主人公になる傾向が強いとされています。

 

黄:希望、発展、快活

性格は明朗です。こういうドレスの時は、性質が円満でケラケラよく笑って非常に楽しそうな感じを人に与えるそうですが、愛情に恵まれない孤独型の女性が多く、物事を悲観的に考えがちなのが特徴だそうです。

 

紫:神秘、優美、不安

大変むつかしい性質の人が多いそうです。気品が高く現状に満足せず、高望みをするとあります。神秘、優美とサイの目が出ればいいけど、不安、気難しい高望みと人の目に映れば大損ですね。また、病的な性愛家が多く、俗に淫乱と言われるタイプで心身ともに不安定な面が多く、男にだまされやすいようです。

 

緑:知性、平静、安息

人に安らぎと平和を与える色です。

 

茶:

赤と黒をプラスしたような性格で欲求不満の表れですが、もともと意志の堅いタイプが多く、人生はかなりの紆余曲折を覚悟しなければならないそうです。

 

 

いつも楽しげで愉快であらねばならないホステスさんは、どんな色のドレスを着なければ

ならないか、衣装の色による女性の性格と自分の好きな色とを吟味してみて下さい。

あなたの気づかない面や、魅力が掘り出せるかも知れませんよ。

素晴らしい変身を期待しています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です