話のきっかけの作り方

投稿者: | 170409

「適度に整理すべき」(テ、キ、ド、ニ、セ、イ、リ、ス、ベ、キ、)

 

(テ)天気の話

晴、雨、風、曇、種々の話の用意

 

(キ)気候の話

今年の夏は涼しかった等

 

(ド)道楽の話

ゴルフ、釣り、車、パチンコ、映画等

 

(ニ)ニュースの話

その日の大きなニュース等

 

(セ)セックス、お色気話

ワイ談、明るく、楽しく“私は最近欲求不満みたい”

 

  • 田舎の話、衣服の話

“〇〇さんお国はどちら?”

“素敵なスーツね”ネクタイ、ライター、時計、靴等

 

(リ)旅行の話

“旅行なんかお好き?どこが良かった?”

 

(ス)スポーツの話

野球、サッカー、ボクシング、プロレス、スキー、ボウリング等

 

(シ)仕事の話

“たいへんでしょうね、お忙しいでしょう?”

 

(キ)ギャンブルの話

競馬、競輪、競艇、オートレース等

 

“テキドニセイリスベキ”これらを常に頭に入れておき、その場、その場、テーブルに話題がなくなった時にさっと思い浮かべて下さい。

 

席には1秒でも早くつき必ず“ホメる”事が大切です。

「アラ、この時計、素晴らしいわ」

「アラ、このネクタイすごくステキネ!」

「ワァーこの背広の色、私の大好きな色なの」

「貴男のタバコの吸い方ってとてもおいしそう」

「貴男の横顔、私好みよ」

「貴男って、とてもセンスがいいのね、私しびれるわ」

 

ほめることは、すなわち相手に満足感を与えるもっとも近道である。

ほめられて、怒る男はいないのです。ホメてホメてホメまくれ。そしていい気分の持続に努力をすること。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です